ブロードウェイ 渡米

継続

渡米

英会話を習得するために最も必要なことは、「継続」だといわれます。
ビジネスマンの中には、英会話をできるだけ早く習得したいと考える人もいます。

しかし、英会話をすべての人が習得できる確実な方法は、「継続」することです。
たとえ、留学をしてある程度の英会話をすることができるようになっても、帰国後に継続しなければ廃れていきます。
逆に、数年でできなくても、継続していればコツがだんだんと掴めてくることもあります。

高価な方法

昼間のシドニー

留学や英会話スクールに通うことは、英会話を習得するための有効な方法の一つです。
しかし、高額な費用がかかるというデメリットがあります。

・特徴
留学や英会話スクールでは、ネイティブの講師から英語を学ぶことが一般的です。
特に、ダイレクトメソッドと呼ばれる、英語で直接、英語を学ぶ方法が主流といえます。
文法や読解なども総合的に学ぶことができますが、知識ゼロの状態から学ぶことは難しいといわれます。
これは、日本人が、高周波数の音に慣れていないため、英語の音を聞き取ることが難しいためだともいわれます。
また、文法などは、日本語で学んだほうが効率的に学ぶことができるともいわれます。
そのため、文法や語彙、リスニング力を他の安価な教材である程度身につけてから利用したほうが効果的だといえます。

費用の高さを考慮すると、他の方法と組み合わせて利用することが有効です。
留学や英会話スクールには、さまざまな選択肢があります。
最近では、フィジーやフィリピンで比較的安価に留学することもできます。
また、日常会話だけでなく、大学の準備やビジネス英会話を学ぶこともできます。
そのため、目的に応じた利用をすることができます。

費用が高い一方で、英会話を習得する方法として、相変わらず最も効率的な方法ということができます。
実際にネイティブから学ぶことができたり、自分の弱点を集中的に学ぶことができたり、英語を確実に利用する環境が提供されるのは大きなメリットです。

友だち

ブロードウェイ

ネットが普及してきたことで、外国人の友だちを作ることも容易になってきています。
しかし、外国人の友だちをつくるには、ネットだけでなく、地域の交流イベントなどを利用する人も未だに少なくありません。

・特徴
英会話を習得するには、実際に英語を話す訓練が必要です。
外国人の友だちを作ることができれば、留学することなく、英語を話す機会を得ることができます。
外国人の友達を作るには、大学や地域で行っている交流会に参加するという方法があります。
また、最近では、外国人の友だちを紹介してくれるサービスがネット上でも提供されるようになっています。
SNSを利用することで、無料で出会うことも可能です。
ただし、ネットを利用する場合には、どのような人と出会うのかに注意する必要があります。

・利用
外国人の友だちを作ることは、日本国内だけでなく海外留学をする際にも必要です。
英会話を習得するには、できるだけ話すことが必要です。
英会話学校に通っていれば話せるようになるわけではありません。少しでも話す機会を増やすことが、英会話上達には必要です。